あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行

任意売却・任売・任意売買

 任意売却とは、不動産を売却しても住宅ローンを完済できない状況で、債務者(所有者、売主)と債権者の間に仲介者(主に不動産業者)が入り、不動産を競売にかけずに債務者・債権者・買主の納得のいく価格で売却を成立させること。

 住宅ローンの支払いが困難になった場合、銀行等金融機関は、抵当権に従って、所有者の不動産を差押え、 競売 にかけ換金します。競売の場合、いくらで落札されるかは開札日までわかりませんが、市場価格より2〜3割低い価格になることが一般的です。 そこで仲介者が所有者と債権者の間に入り、なるべく両者に満足のいくような価格で売買を成立させるのものを、任意売却と呼んでいます。

※ 任意売却・任売・任意売買は同じ意味を表しています。

不動産売却 査定 任意売却相談お問い合わせ

な行 Top

不動産用語集トップへ