あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行

競売、不動産競売(けいばい、きょうばい)

 民事執行法に基づき、債権回収のために、債権者が裁判所に対して申立てを行うと、 その不動産を裁判所が売却する手続のこと。 強制競売不動産競売(任意競売) を併せて一般に競売と呼ぶ。

か行 Top

不動産用語集トップへ